23:03 2019年12月06日
性行為は家庭の幸せの担保 国際的研究チーム

性行為は家庭の幸せの担保 国際的研究チーム

© Fotolia / Anbrey Bezuglov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 103
でフォローする

英国のヨーク大学、スイスのローザンヌ大学とフリブール大学の研究チームは、性行為を定期的に行うことで、カップルの関係を強固にして調和をもたらすことができるとの研究結果を発表した。

スプートニク日本

研究チームは、カップルや夫婦の幸せの水準は、ベッドでどれほど多くの時間を過ごしているかによるとの見解を示した。頻繁に性行為を行うことは、日常生活でより頻繁に気遣いを示すことを促進する。

チームは幸せホルモンや愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシン、そしてドーパミンの高まりを記録した。性的に活発なカップルは、パートナーの視点を共有しない場合でも衝突することが稀だと判明した。

実験の結果によると、パートナーが強い性的関心をこちらに抱いていると感じている人は、自己評価に問題を抱えていない。

同時に、家庭生活での性行為の欠如は労働能力を弱めて、男性の仕事に影響する。一方で女性は、パートナーが性行為を求めていないと感じることで、低い自己評価に悩み始める。

先に伝えられたところによると、ロシアの性科学者によると、女性の性的嗜好は彼らが性生活を始めるずいぶん前に形成される

タグ
科学研究, 研究, セックス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント