19:51 2018年09月21日
宇宙

NASAが宇宙で大きな火災を起こす

© 写真: ESA/Hubble&NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 62

米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士たちが、無重力状態で火がどのような動きをするのかを知るために、使用されなくなったシグナス補給船で3回目となる火事の実験を行った。

スプートニク日本

実験の目的は、火星やその他の惑星へ飛行する際に非常事態が起こった場合に備えた準備。Space.comが伝えた

実験の責任者、NASAグレン研究センターのデビット・アーバン氏は「ごく最近になって、我々には宇宙で現実的な火災を起こすチャンスがあらわれ、すでに実験Saffireは、重力がない状態で火がどのような動きをするのかを我々が理解する助けとなっている。今後の実験Saffire4、5、そして6は、より大規模な火災を起こし、消火とその影響を回避する最初のシステムを調べるのに役立つ」と述べた。

Saffire実験はアーバン氏とその同僚によって、太陽系より遠い世界へ飛行するNASAの準備の一環として昨年開始された。

タグ
火星, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント