00:37 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    自分の死を予測する方法が見つかる

    自分の死を予測する方法が見つかる

    © Fotolia/ Missty
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1207071

    ストックホルム大学の学者たちが、中高年になって嗅覚が失われたら近いうちに死亡する前兆かもしれないことを明らかにした。

    スプートニク日本

    学者たちは10年間にわたって40歳から90歳までの1774人のスウェーデン人を観察調査した。調査の参加者たちは、13種類のさまざまな匂いを識別するテストを受けたた。テレグラフ紙が報じた。

    結果、学者たちはテストの出来具合と死につながりがあることを発見した。

    調査中に死亡した人々の中には、嗅覚が衰えたと感じる人々が圧倒的に多いことがわかった。

    学者たちによると、間違った答え一つにつき、近いうちに死亡する確率が8パーセント高まる。

    調査結果は、嗅覚は脳の老化と健康の重要なバロメーターであるという既存の理論が正しいことを確認している。

    先の報道によると、極東大学教授であるユーリ・セルデュコフ哲学博士は、臨床死の際に人間が経験するものに説明を与えるコンセプトを提案した。

    タグ
    科学, 研究, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント