13:34 2018年12月19日
NASAのスコット・ケリーの地球のショット

NASAが宇宙飛行士候補12人を選抜 最終目標は火星か【動画・写真】

© Flickr/ Scott Kelly / NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
120

5人の女性と7人の男性の宇宙飛行士を、宇宙飛行士候補としてNASAが選抜。彼らは2年間の ジョンソン宇宙センターのセレモニーで紹介された。NASAが7日に発表した。

スプートニク日本

今回の選抜に対する応募数は史上最多の1万8353人となった。それまでの最多記録は1978年の8000人だった。

宇宙飛行士候補はジョンソン宇宙センターでの2年間のトレーニングの後、国際宇宙ステーション(ISS)での調査を行い、民間ロケットで宇宙へ飛び立つ他、NASAのスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットで打ち上げられるオリオン宇宙船で深宇宙へと向かう。NASAが発表した。

また、NASAは火星飛行のために宇宙船などの開発を進めており、宇宙飛行士候補たちの最終目標は火星飛行になる可能性がある。民間ロケットは、スペースXの「Boeing CST-100 Starliner」や「 Crew Dragon」が用いられる可能性がある。

​この前、米航空宇宙局(NASA)の広報担当は、高い費用と、開発時の予期せず困難のため、宇宙船「オリオン」が発射を延期したと発表。オリオンは2019年に月、将来的には火星旅行を予定していた。

タグ
宇宙飛行士, 科学, 宇宙, 国際宇宙ステーション, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント