11:13 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    月は宇宙人からの贈り物?ロシアの天文学者の独創的な理論

    月は宇宙人からの贈り物?ロシアの天文学者の独創的な理論

    © REUTERS/ NASA
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    31936125

    ロシアの天文学者ウラジーミル・コヴァリ氏は、月は地球の衛星であるばかりでなく、地球外文明が我々に残した謎めいた記念物だという興味深い仮説を提唱した。ロシアのマスコミが報じた。

    スプートニク日本

    当初地球には衛星がなかったが、地球と他の天体が衝突して衛星が誕生したと考えられている。

    コヴァリ氏の仮説によると、月のような大きい衛星が、比較的小さい地球の衛星として自然にできるのは不可能だという。水星と金星には衛星は一つもなく、火星の衛星は小さいが、月の直径は地球の4分の1もある!

    コヴァリ氏は、月はおよそ20億-30億年前に宇宙人によって地球へ運ばれたとし、かつて月は惑星だったと考えている。

    コヴァリ氏によると、月は火星と木星の間に存在していた。そこには惑星「フェイトン」があったが、爆発したという学問上の仮説もある。

    コヴァリ氏は「フェイトンはあった。だが爆発しなかった。フェイトンは地球へ移された。月はフェイトンだ」と考えている。

    コヴァリ氏は、宇宙人が地球上に生命が誕生する潜在的可能性に気づき、月を地球へ「運んできた」とし、それによって我々の惑星では満潮と干潮が始まり、生命の発展に寄与したと考えられている火山が形成されたとの見方を示している。

    先の報道によると、欧州宇宙機関が小惑星の観察の際に、小惑星の小さな欠片からなる「雨」が月には常に降っており、実質的に途切れなく月表面を爆撃していることを発見したと発表した。

    タグ
    科学, 研究, 宇宙, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント