00:44 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    男性も女性も「1回限りのセックス」を後悔している

    男性も女性も「1回限りのセックス」を後悔している

    © Flickr/ www.Pixel.la Free Stock Photos
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 178033

    学者たちは、「1回限りの関係」に対する認識が、異なる文化を持つ男性と女性の間でどのような違いがあるのかを調査した。調査結果は、雑誌Personality and Individual Differencesに掲載された。Mail.ruが伝えた。

    スプートニク日本

    学者たちは、ノルウェーに住む男女853人と、米国に住む男女466人を対象に調査を行った。

    ノルウェー社会ではセックスに対する認識がよりリベラルで、米国では保守的であると考えられている。

    結果、セックスに関しては、文化や宗教、国籍の違いよりも、性別の違いの方がはるかに大きいことが分かった。

    ノルウェーでも米国でも、男性と女性は1回限りの関係に全く異なる認識を持っていた。

    ノルウェーの男性も米国の男性たちも、見知らぬ相手と1回限りの関係を持ったことに罪悪感を感じたり、自責の念にかられる傾向は全くないが、女性は一般的にそのような行動を後悔しているという。

    男性たちは、誰かと関係を持つ機会を逃した時に後悔するようだが、女性たちが初めて会った相手とセックスしなかったことを後悔することは、ほどんとないという。

    先の報道によると、ロシアの学者たちは、セックスの後、悲しくなる原因について述べた。

    タグ
    調査, 研究, セックス, ノルウェー, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント