20:21 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    学者、街灯が健康にどんな害をもたらすか語る

    学者、街灯が健康にどんな害をもたらすか語る

    © AP Photo/ Koji Sasahara
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    130591

    米国医師会(AMA)は、LED街路灯が人体の健康に与える影響を分析した報告書を出した。

    スプートニク日本

    緑と青色のスペクトルの放射光は危険だと協会のサイトに掲載された報告書にある。さらに、青色の光は人の目にしばしば白色だと受容される。

    青色のスペクトルを多く含む照明は、夜間に通り過ぎる運転手の視力を下げる可能性がある。さらに、同様の街灯はホルモン「メラトニン」の生産を妨げ、人間の疲労感を高め、労働効率に害を与える可能性がある。

    同様の恐れはLED照明のある部屋でも存在する。学者はこう書いている。

    「深夜の住居での明るい照明は睡眠時間の短縮と睡眠の質への不満、極度の眠気、昼間の身体機能の乱れ、肥満を引き起こす」

    LED照明の否定的な影響を避けるための注意事項として、ランプや電球の光度を下げ、青色スペクトル光を発しないタイプの照明を使用することが推奨されている。

    タグ
    健康, 科学研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント