15:54 2018年08月15日
NASA、冥王星の大気で雲を見つける

NASA、冥王星の大気で雲を見つける【写真】

© AP Photo / NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

米航空宇宙局(NASA)が打ち上げた探査機「ニュー・ホライズンズ」の研究チームが、冥王星の大気に雲が存在すると考える手がかりを初めて見つけた。

スプートニク日本

研究者たちは、見つかった対象は雲に似ており、画像によると、雲と同じ特性を持っているという。

一方、学者たちは、これが雲だという100%の確証はないと述べている。

探査機「ニュー・ホライズンズ」が、冥王星に接近した時、冥王星には複雑な構造の大気があり、そこでは時に雪が降り、風が吹き、その他の「天気」や「気候」プロセスが起こっていることを発見した。

冥王星の大気は、その動きで、太陽から遠く離れた冥王星に似た準惑星の単純なガス雲よりも、地球やタイタンの複雑な大気の層にはるかに近いことが分かった。

研究者たちは、見つかった対象は雲に似ており、画像によると、雲と同じ特性を持っているという。
研究者たちは、見つかった対象は雲に似ており、画像によると、雲と同じ特性を持っているという。

一方、冥王星の大気を完全に理解するためには、「ニュー・ホライズンズ」のようにただその周辺を通過するだけでなく、常に冥王星の研究を行う大々的なミッションを派遣する必要がある。

タグ
科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント