15:19 2017年10月22日
東京+ 18°C
モスクワ-3°C
    中国 ブラックホール研究用の初の望遠鏡を軌道に打ち上げ

    中国 ブラックホール研究用の初の望遠鏡を軌道に打ち上げ

    © 写真: ESA/Hubble, ESO, M. Kornmesser
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 26330

    中国はのブラックホールおよび中性子星を合目的的に研究するため、中国初の強力なX線を用いた作業をするための特殊望遠鏡を軌道に打ち上げた。新華社通信が報じた。

    スプートニク日本

    北西部の甘粛省にある酒泉衛星発射センターから最新の天文学設備を載せたロケット「長征4B号」が打ち上げられた。

    望遠鏡は重さ2.5トンで現在、上空550キロの軌道上にある。これによって中国は磁場の進化の過程を観察し、重力波の詳しい研究を行うことで中性子星を宇宙ナビゲーションの必要のために用いる方法を習得するものとみられている。

    なお先に伝えられたところによると天文学者が物理法則を破るブラックホールを発見した

    タグ
    宇宙, 科学, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント