11:04 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    電子タバコは普通のタバコなみにDNAを損傷する

    電子タバコは普通のタバコなみにDNAを損傷する

    © Sputnik/ Konstantin Chalabov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1120341

    コネチカット大学の研究チームは、電子タバコの蒸気はDNAを損傷する可能性があると明らかにした。ギズモードが報じた。

    スプートニク日本

    論文は科学誌『ACS Sensors』に公開された。
    チームは、ヒトの細胞に含まれているDNAやタンパク質に対する化学物質の影響をモデリングするために目の非常に細かいマイクロウェルを3Dプリンターで出力した。

    この人工的な「肺」で、普通のタバコの煙と電子タバコの蒸気の影響を調べた。

    核酸の損傷は、上記のマイクロウェルと電気化学発光法(ECL)によって測定された。

    ヒト酵素と反応してDNA損傷を引き起こす可能性がある化学物質が調べられ、電子タバコの液体に溶け込んだ化学物質は、普通のタバコと同程度の影響を及ぼすことがわかった。

    WHOは、喫煙が世界経済に年間1兆ドルの損益をもたらしていることを明らかにした。

    タグ
    科学, 医療, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント