18:26 2017年10月18日
東京+ 17°C
モスクワ+ 11°C
    インフルエンザ

    インフルエンザ治療のあり方を変える新薬

    © Fotolia/ Photographee.eu
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    3116837

    ジョンソンエンドジョンソン社がインフルエンザウイルスに対抗する新薬「ピモディヴィル(仮称)」の実験の第2弾を行った。実験ではインフルエンザ患者のウイルスによる負担を劇的に軽減することが明らかにされた。

    スプートニク日本

    「ピモディヴィル」の主たる狙いは標準的な治療法で治せる患者にも入院患者にも効果を発揮すること。

    ロシアの製薬情報ポータル「レメディウム」によれば、実験では単独療法とオセルタミビル との併用療法が試された。処方が行われたのは症状が重いものの、合併症などの悪化はしていない季節性のインフルエンザに罹った患者たち。

    ピモディヴィルはグループA型ウイルスPB2のポリメラーゼのサブユニットの一種の初のウイルス阻害剤 で、こうした新たな治療メカニズムは標準的な薬が効果を発揮しない場合に適用される。

    この前、蜂蜜が含有する天然の糖質「トレハロース」は心臓発作を防ぐ可能性がある。英紙デイリー・メールがワシントン大学の研究グループの論文を元に報じた。

    タグ
    健康, 病気, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント