13:09 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 17°C
    「お腹の脂肪 実はとても大切」と米学者グループ主張

    「お腹の脂肪 実はとても大切」と米学者グループ主張

    © Fotolia/ Sentello
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    164253

    多くの人達は、お腹の余分な脂肪を取り除きたいと考えるものだが、米国の学者グループの研究では、お腹に脂肪が常にある事は、決して悪いことではない。

    スプートニク日本

    腹膜中にあり、脾臓、胃、腸など多くの臓器をカバーのようにくるんでいる脂肪のひだ、つまり腸網膜は、免疫系においても重要な働きをしている。

    この腸網膜が果たす役割についての論文を用意したのは、米アラバマ大学の研究者達だった。

    すでに1874年に、研究者らは、ウサギを使った実験で、腸網膜が脂肪細胞だけでなく免疫細部も含んでいる事を明らかにしている。こうした細胞のクラスターは「ミルクの島」とも呼ばれている。なぜなら、それらが白色をしていて、黄色い脂肪細胞の中で、その色が際立っているからだ。

    後になって学者らは、この「ミルクの島」が腹膜内を循環する水分のフィルター役を果たし、免疫反応を調整している事を明らかにした。

    今回発表された論文の筆者の一人、トロイ・ランドール(Troy Randall)博士は「1900年代初め、すでに医師達は、腹膜の炎症のレベルを下げたり傷を再生させる腹網膜の機能について知っていた」と指摘している。

    先の報道によると、豪州ディーキン大学の行った調査で正しくない食生活は鬱を増長させることが明らかにされた。

    タグ
    研究, ダイエット, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント