15:56 2017年06月25日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    太陽

    15億年後、太陽が地球上の生き物を全滅させる

    © 写真: NASA's Marshall Space Flight Center
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 52251

    コロラド大学の研究者らは、15億年後に地球上の生物が死ぬとの見方を表した。通信社「スプートニク」が報じた。

    スプートニク日本

    ちょうどその時期までに太陽放射が地球の全表面を焼き払い、水が蒸発するという。

    研究者らは、1億1000年ごとに気温が1度上昇すると考えている。太陽が熱くなることで、グローバルな変化が起こり、海洋の蒸発はやむことのない雨を降らせることになるという。

    先の報道によると、NASAが打ち上げた探査機「ニュー・ホライズンズ」の研究チームが、冥王星の大気に雲が存在すると考える手がかりを初めて見つけた。

    タグ
    宇宙, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント