04:31 2017年08月18日
東京+ 24°C
モスクワ+ 20°C
    NASA 天王星にミッションを派遣する時期について語る

    NASA 天王星にミッションを派遣する時期について語る

    © 写真: NASA/JPL
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 24340

    米航空宇宙局(NASA)は、2030年代に天王星と海王星に調査ミッションを派遣する可能性がある。New Scientist誌に掲載された記事の中で述べられている。

    スプートニク日本

    現時点でミッションに関して4つのバージョンが考えられる。それは、オービター(探査機)3機と天王星の周回飛行だ。調査では、惑星とその衛星の表面部分を記録するために狭角カメラが使用される。また天王星の大気に入り込んでガスや重元素のレベルを調べるために、惑星探査機が使用される可能性もある。

    調査グループのメンバーの一人は「最も好ましいミッションは、宇宙探査機を搭載した人工衛星を送り出すことだ。人工衛星は環、衛星、大気、磁気圏など各惑星のシステムの全ての側面を深く調査することを可能とする」と述べている。

    タグ
    宇宙, NASA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント