15:48 2017年10月21日
東京+ 17°C
モスクワ+ 2°C
    学者たち 落ちた食べ物の「5秒ルール」を否定

    学者たち 落ちた食べ物の「5秒ルール」を否定

    © Fotolia/ Aarrttuurr
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 29141

    ラトガース大学の学者たちは実験を行い、床に落ちた食べ物を5秒以内に拾い上げれば汚くならないという「5秒ルール」を否定した。

    スプートニク日本

    ドナルド・シャフナー氏率いる学者たちは、ステンレス鋼、セラミックタイル、木材、カーペットに落ちた食べ物の実験を行った。

    落ちた食べ物を分析した結果、時間のほかに、食品の水分率と、落下した場所の表面の性質がバクテリアの付着する量に影響することが分かった。

    学者たちは、接触時間はバクテリアが食品に移動する量に影響するものの、複数のバクテリアは落下したあと1秒で食品に付着したため、「5秒ルール」は否定した。

    食品の関連ニュースはこちら

    タグ
    食事, 食べ物, 食品, 科学研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント