02:44 2018年09月20日
大変、でも人生は良い方向へガラリと変化 朝すべき8つの習慣

大変、でも人生は良い方向へガラリと変化 朝すべき8つの習慣

© Fotolia / Head78
テック&サイエンス
短縮 URL
192

インディペンデント紙がなかなか習慣として身につけにくい朝やるべきこと8項目を掲載。難しいとしり込みせずに、これができたら人生はいい方向に向かうと信じて行うべし。

スプートニク日本

とにかくできる限り早起きをする。夜更かしの人は頑張って!
タイムマネジメントの専門家で著書『うまくいっている人たちは朝食前に何をしているか』(邦題)で有名なローラ・ヴァンダーカム氏が様々な企業のトップマネージャーにアンケートをとったところ、そのうちの90%の人が朝6時前に起床していることがわかった。

例えばペプシコ社のインドラ・ヌーイCEOは4時に起き、7時には出社しており、ツィッターのジャック・ドルシ取締役はジョギングに、アイガー社のディズニー・ボブ代表取締役も4時半に起きて読書をしている。

毎朝をストリートウォーキングから開始してはどうだろうか? 明日から、ではなく、ぜひ今日から始めるほうがいい。

ヴァンダーカム氏いわく、朝は体操をするのに最適の時間。ゼロックス社のウルスラ・ビョンス社長は週に2回朝6時半、自分専用のインストラクターのもとを訪ねており、オバマ前米大統領もカーディオワークアウトから1日をスタートさせている。

これだけ多忙な人たちが朝からカーディオワークアウトをしているのであれば、私たちだってその時間は見つけられるはずだ。

それから良質の朝食をとること! ここで手を抜かない。

朝食はたっぷりと、特にプロテインに注意を払ったメニューにする。これで1日の労働の活力を養わねばならない。

一番重要なことは朝起きたらすぐに行うこと。

複雑なことは1日のはじめに、こどもや同僚、上司があなたの仕事を邪魔しないうちに片づけてしまうほうがいい。

それから朝の時間を自分のことに割く。

自分なりのプロジェクト、読書などを1時間ほど行う。これがルーティーンになってもどんなに多くのことをやりこなせるか、その成果はそのうちわかる。

朝にセックスをしよう。抱き合わなくても愛する人と会話をしよう。

夜、あまりに疲れ切ってベッドに直行となっている生活では朝からセックスをするほうがいい。それができなくてもせめて相手と30分でもいいから会話をする。テーマはささいなことでもいい。これで朝の活力が得られるはずだ。

静寂を味わおう。

瞑想でも祈祷でもいいから2分ほど沈黙する。内なる静寂の時間はこれからの1日に必要な気概を整えてくれる。

計画を立てよう。

朝からプランを立てるのではなく、前日にプランまたはスケジュールをたてておく。明日の朝食の材料は整っているか、パートナーとの会談の時間の確認、明日やらねばならないことをチェックしておく。

先の報道によると、ロシアのマスコミは、有害な朝の5つの習慣について述べた。

タグ
食べ物, セックス, 養生, トレーニング, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント