00:04 2017年10月19日
東京+ 14°C
モスクワ+ 14°C
    東洋武術や瞑想は分子レベルで身体を変える

    東洋武術や瞑想は分子レベルで身体を変える

    © Flickr/ Elvert Barnes
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    21209180

    ヨガやさまざまな瞑想、中国の太極拳は、ストレスを引き起こす分子反応をリバースできる。英コヴェントリー大学などの研究チームが発表した。インドのニュースメディア「Zee News」が報じた。

    スプートニク日本

    人間がストレスにさらされると、「闘争逃亡反応」を司る交感神経系が活性化して、核因子NF- kBの生成を増加。また、NF-KBはストレスを、細胞レベルで炎症を引き起こすタンパク質「サイトカイン」生成に転換する。緊急事態にはこの反応は非常に重要だが、持続するとがんやうつ病などの心の病のリスクを高める。

    だが、瞑想やヨガ、太極拳により、NF-KBやサイトカインの生成の減少が見られ、それにより、炎症に関連した疾患のリスクが低下した。実験には、846人の被験者が参加。実感は11ヶ月続いた。

    タグ
    医療, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント