07:55 2018年09月24日
エチオピアで「巨人の街」が見つかる【写真】

エチオピアで「巨人の街」が見つかる【写真】

© 写真: Capture The Uncapturable
テック&サイエンス
短縮 URL
1100

国際考古学グループがエチオピアで古代の街の遺跡を発見した。地元住民は、巨人が住んでいたと考えている。英エクセター大学が発表した。

スプートニク日本

遺跡は首都アディスアベバから300キロに位置する。同地では以前にも、古代の遺物が何度も発見されている。

今回の発掘は2年前、エチオピア、ベルギー、英国の考古学者からなるグループが開始した。

今回発掘された街は10世紀に建てられたものと見られている。12世紀のモスクを含む多くの建物や、保存状態の良い陶器、宝飾品、クリスタルガラス製の容器、大量のコインが見つかった。

巨人の街という伝説は家を構成する巨大な石のブロックによるもの。

先の報道によると、人類学者らが、古代の人々が4500年にわたって絵を描き、絵具をつくっていたある種の「アートギャラリー」を発見した。

タグ
歴史, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント