22:12 2018年09月23日
EU、宇宙ごみの変わった収集方法を提案

EU、宇宙ごみの変わった収集方法を提案

© Fotolia / Vadimsadovski
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51

EUの学者たちは、宇宙ごみを収集するために磁気タグボートの使用を提案した。欧州宇宙機関( ESA)が伝えた。

スプートニク日本

タグボートは宇宙ごみの軌道をずらし、それほど広くないスペースで宇宙ごみを収集し、その後、軌道上からごみを除去する。

タグボートの位置は、地球の磁場によって決められる。

現在、地球周回軌道のごみは片付けられていない。

 NASAジョンソン宇宙センターが発表した報告書によると、2014年12月31日の時点で、軌道上には1万6906個のオブジェクトがあり、うち稼働中の人工衛星と稼動していない人工衛星は3881個。当時ごみの量が最も多かったのは6351個のロシア(ソ連も含まれる)、2位は米国で5038個、3位は中国(3756個)だった。

先の報道によると、学者らは、世界で最も汚い場所が発表された。

タグ
宇宙, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント