06:56 2017年10月20日
東京+ 12°C
モスクワ+ 6°C
    ビタミンCはガンに効く-研究

    ビタミンCはガンに効く-研究

    © Fotolia/ Artem Shadrin
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    11512150

    ビタミンCはガンに効く。さらに試験段階にある抗がん剤などよりも10倍効果がある。サルフォード大学の学者らが発見した。

    スプートニク日本

    学者たちは、治験薬ならびにアスコルビン酸(ビタミンC)を含む天然の物質の癌細胞の増殖への影響を研究した。

    癌細胞の増殖を防ぐためには、その代謝を破壊する必要がある。研究の結果、そのような課題を最も上手くこなしたのは、アクチノニンとFK866の治験薬だった。またビタミンCもガン細胞の形成を上手く防いだ。ビタミンCは、別の治験薬2-DGよりも10倍効果的だったという。

    先に伝えられたところによると、ロシアの学者らがガン細胞の抹殺には従来の放射線治療よりもプロトン(正の電荷をもった粒子)の光線を用いる手法が最も短時間で安全だということを証明した。

    タグ
    健康, 科学研究, 科学, ガン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント