03:06 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    ストレス

    慢性的な疲れから抜け出すには?

    © Fotolia/ Viacheslav Iakobchuk
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 90541

    ロンドン大学クイーン・メアリーの研究者が、慢性疲労から抜け出す効果的な方法を挙げた。論文は医学誌『The Lancet』に掲載。英紙テレグラフが報じた。

    スプートニク日本

    ニュースサイト「レンタ・ルー」によると、慢性疲労症候群は神経系の抑圧と関係しており、それは長期休暇後ですら無くならない。主に経済的な先進国に広まっており、1000人中7人が患っている。

    ランセットに掲載された論文によると、毎日少し運動を増やすことで、慢性疲労症候群を患う人々の疲れを軽減し、気分を良くすることができる。

    研究チームは、12週間、200人を対象に行われた。被験者は、普段よりも運動量を少し増やすグループと、うつや痛み、不眠症に対する薬物治療を含んだ医療プログラムを受けるグループに分けられた。

    12週間後、運動グループの平均疲労スコアは、別のグループより100ポイント計算で4ポイント低かった。研究者によるとこの数値は、中程度であるが、有意なポイントだ。また、身体機能も6ポイント上がった。

    運動グループの5人に1人はまた、「気持ちが良くなった」や「とても気持ちが良くなった」と回答した。

    先に、ランニングの効能について研究者が語った

    タグ
    研究, 健康, 病気, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント