13:37 2018年09月24日
地球の未来は雨がちと予測 研究チーム

地球の未来は雨がちと予測 研究チーム

© AFP 2018 / Jiji Press
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

地球の熱帯地域における降雨量が地球温暖化によって増加する。米研究チームによる論文は科学誌『Nature Communications』に公開された。 論文によると、現存の気候モデルでは将来の降雨量の評価が間違っている。

スプートニク日本

現存のモデルは、地球表面の気温が温度が上昇した場合、世界的に気流が動き、高域にある熱帯の雲の減少に繋がるという事実を考慮していない。この事実は、最近の30年から40年の観察によって確認されている。

現存する気候モデルの大多数は地球表面の温度が1度上昇するたびに増える降雨量のテンポを過小評価していると明らかになった。

チームは、新たな数値を用いることで気候モデルを格段に改良できると見ている。

先の報道によると、22日、ロシアのアルタイ地方の数地区で卵ほどの大きさの雹が同時に降り、作物に大きな被害を与えたほか、乗用車や建物の壁を破壊した。

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント