01:43 2018年09月22日
ロシア人研究者 日焼け止めの新たな危険性を発見

ロシア人研究者 日焼け止めの新たな危険性を発見

© Fotolia / Rh2010
テック&サイエンス
短縮 URL
2100

モスクワ大学(MSU)の研究チームは、多くの日焼け止めクリームに含まれているアボベンゾンが塩素水と接触した際に、危険な毒性元素に崩壊する可能性があると明らかにした。同大学の広報部が報じた。

スプートニク日本

研究チームは、普段は安全なアボベンジンがプールの塩素水に触れた際に崩壊することを明らかにした。崩壊によりいくつかの毒性化合物が発生する。その中には、肝臓や腎臓障害、そして神経系の障害を引き起こすブロモホルムも含まれている。

発表には、「この物質は、デモ隊を排除するために警察が利用している催涙ガスに含まれている」とある。

先の報道によると、色素の一種メチレンブルーが皮膚の若返りに意外な効果を発揮することが米国の生物学者らの研究でわかった。

タグ
健康, 研究, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント