15:00 2018年09月20日
宇宙

ロシアの学者たちは、星のように輝く世界で一番明るい人工衛星「マヤーク」の打ち上げを計画【写真】

© NASA . Reid Wiseman
テック&サイエンス
短縮 URL
1100

学者たちは、「マヤーク」は太陽、月、金星に続いて空で4番目に明るいオブジェクトになると考えており、7月14日にバイコヌール宇宙基地から打ち上げロケット「ソユーズ」で打ち上げられる予定。

スプートニク日本

「マヤーク」は、CubeSatフォーマットで製造され、1斤丸ごとのパンと同じくらいの大きさ。

「マヤーク」は軌道に投入後、人間の髪の毛の20分の1の薄さのフィルムでコーティングされたピラミッド型の太陽反射鏡を開く。まさにこの反射鏡のおかげで「マヤーク」は、空で最も明るい人工衛星となることができる。

「マヤーク」の打ち上げは、たとえ独自の宇宙プログラム用に数十億ドルの資金がないとしても、宇宙は全ての人に開かれていることを地球の住民一人一人に感じてもらうことを目的としている。

「マヤーク」は、iOSとAndroid向けのモバイルアプリを使って見つけることができる。

宇宙関連のニュースはこちら

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント