15:30 2018年10月17日
理想的とされる笑顔を特定 国際研究グループ【写真】

理想的とされる笑顔を特定 国際研究グループ【写真】

© Fotolia / Minerva Studio
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

国際研究グループが実験を行い、どのような笑顔が理想的だと考えられるかを明らかにした。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

論文は科学誌『PLOS ONE』に投稿された。

実験では被験者に、3Dコンピューターアニメーションによる顔の表情が見せられた。口の角度や笑顔の大きさ、上唇と下唇のあいだの距離、これらの湾曲具合などの数値を変化させた、様々な種類の笑顔が示された。

理想的な笑顔は、「大きいほど良い」という笑顔の原則には全く関係がないことが判明した。

できるだけ多くの歯を見せる「満面の笑み」は実際には、あまり好まれなかった。

より「控えめ」な笑顔が魅力的だと見なされ、V型の笑顔は多くの人を驚かせた。

研究により、やや歪曲した笑顔が何より好まれると明らかになった。どうやら、何よりも誠実で、本物の笑顔だと見なされたようだ。

​先の報道によると、調査の結果、普通の人々は、顔立ちが美しい学者の研究論文に興味を抱いているものの、容姿の悪い学者の方が有能で、頭が良く、成功していると考えていることが分かった。

タグ
研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント