06:31 2018年09月20日
新たな世界的サイバー攻撃に備えるべき? 専門家の見解

新たな世界的サイバー攻撃に備えるべき? 専門家の見解

© AFP 2018 / Alexey Sazonov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

2017年のネットを通じた強請りは、悲しむべき傾向になるかもしれないとして、セキュリティソフト会社「カスペルスキー・ラボ」のアンドレイ・スボロフ氏がスプートニクのインタビューに対して見解を示した。

スプートニク日本

2017年にはパソコンなどのロックを解除するための「身代金」を要求する2つのランサムウェア「WannaCry」と「Petya」が全世界の多くの法人のITシステムを麻痺させた。

スボロフ氏は、「これら最初の試みは、ある種のテストだと言える。ユージン・カスペルスキーCEOはワナクライの攻撃より前に何度もスピーチで、2017年の強請りは非常に悲しい傾向になるかもしれないと述べていた」と語った。

スボロフ氏は、「2016年下半期で全世界の業務用コンピュータ40%ほどが攻撃された。毎月平均で、5分の1(20.1%)の業務用コンピュータがマルウェアの攻撃を受けている。」

先の報道によると、ロシアのアンドロイドユーザー数百人が、新たなウィルスの被害にあった。

タグ
ハッカー, インターネット, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント