13:06 2018年09月25日
月の本当の色が明らかに なぜ灰色だと「誤解」されるのか

月の本当の色が明らかに なぜ灰色だと「誤解」されるのか

© 写真: NASA/GSFC/MIT/LOLA
テック&サイエンス
短縮 URL
1123

米アリゾナ大学の研究チームが、月が主に灰色がかった白色の色調だと頻繁に見られる理由と、実際の色について語った。

スプートニク日本

研究について、科学ニュースサイト「Sciencenews」が報じた。

月が「モノクロ」で見えるのは、表面に埃の厚い層があるためだ。

月の石を分析することで、地中数十センチにある月の土は多様な色を持つことが示された。茶色から始まり、青色やピンク色などもあった。

先の報道によると、ロシアの学者たちは、星のように輝く世界で一番明るい人工衛星「マヤーク」の打ち上げを計画している。

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント