18:40 2018年06月25日
ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発

ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発【写真】

© 写真 : Scientific Production Association "AKT"
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

モスクワ近郊のジュコーフスキーで開催の航空宇宙サロン「MAKS2017」で、水陸空対応のロシア車『トリトン』がお披露目された。スプートニクが報じた。

スプートニク日本

トリトンは2人乗り用多機能水陸両用オフロード車だ。陸上では電気自動車として、空中では超軽量飛行機として、そして水中ではモーターボートとして移動する。

同車の全長は2.95メートルで高さは2.24メートル、幅は1.9メートルだ。

トリトンの最高速度は時速100キロ。満充電時の連続走行距離は地上で100キロメートル、水中と空中では400キロメートル。

同車は高度4200メートルまで登ることができる。

  • ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発
    ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発
    © 写真 : Scientific Production Association "AKT"
  • ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発
    ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発
    © 写真 : Scientific Production Association "AKT"
1 / 2
© 写真 : Scientific Production Association "AKT"
ロシア、空も飛べる水陸両用車を開発

先の報道によると、ロシア軍南部軍管区の特殊編隊に、リモートコントロールが可能な最新の戦闘モジュール「アルバレトDM」を搭載した機動装甲車「タイガーM」が装備された。

タグ
自動車, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント