14:48 2020年09月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
253
でフォローする

2020年には60歳以上の人口が10億人を超え、2050年までには高齢者層が若年層よりも多くなる。ジュネーブで行われた国際アンチエイジングシンポジウムに集まった突出した世界の長寿研究者がそのような予測を出した。さらに、長生きのために最も見込みある方法が挙げられた。

スプートニク日本

中国科学院北京生命科学研究院とセントルイス・ワシントン大学の教授、ジョッシュ・ミッテルドルフ氏は特別なコンピュータプログラムを用いて、何よりも効き目が良い「アンチエイジング」物質とメソッドのランキングを組んだ。

① カロリー制限

定期的なカロリー制限は、メタボリズム(新陳代謝)を遅らせる。このような状況で老化もまた遅くなり、「ダメージ」蓄積の速度は低下する。さらに、カロリーカットの際にインスリン量が低下。それも老化速度を遅らせる。

② 健康に良い食材

アボカドは長寿の観点から見て文字通り魔法のような成分を非常に多く含んでいる。なお、その物質は熟れた実ではなく、完熟直前のアボカドに多くふくまれていると明らかになった。

— 体重減少を促進(アボカドは高カロリーなのに!)

— ストレスレベルの低下

— 全身性炎症から身体を守る

— 免疫機能強化

③ サプリメント

カロリー制限の他にミッテルドルフ氏は、サプリメントの形で様々な物質を列挙した。または、他の病気を治す薬が、副作用としてアンチエイジング作用をもたらすことがあることも知られている。しかしこのようなものを老化保護薬として用い始めるには、更なる研究が必要だとミッテルドルフ氏は警告する。このリストには例えば、アスピリンやクルクミンなどが入った。

④ 定期的な診察と検査

定期検査により、アンチエイジング薬やテクノロジーが現れて、広く用いられるようになるまで生き延びるチャンスが上がる。

先の報道によると、シンガポール国立大学で、ビールとプレバイオティクスを一つにする方法が発見され、Alcine Chanという飲み物がつくられた。

健康関連のニュースはこちら

タグ
養生, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント