07:52 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    WhatsApp と Twitterはユーザー情報管理が最悪 ではFacebook や Googleは?

    WhatsAppとTwitterはユーザー情報管理が最悪 ではFacebookやGoogleは?

    © Sputnik/ Alexandr Kryazhev
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    140

    インターネット会社が政権に対していかにユーザーのプライバシーを守っているかを調査している米NPOの「エレクトロニック・フロンティア・ファンデーション」が毎年の報告書を発表した。マスコミ各社が報じた。

    スプートニク日本

    「エレクトロニック・フロンティア・ファンデーション」が依拠する数項目とはインターネット会社と国家の相互関係の透明性、個人情報の第三者への譲渡の禁止など。各企業のこれに対する順守度が最大5つの星の数で表されている。

    星の数が最大の5つになったのは Adobe、クラウドサービスの Dropbox、タクシー予約サービスの Lyft、Wordpress иとUber。

    Facebookや Google、LinkedIn、 Microsoft は星4つ。

    一番ユーザーの権利を無視しているとされたのが Airbnb、Twitter、 Tumblr иおよびWhatsAppだった。

    報告ではメッセンジャーは政権からの要請をユーザーに伝えないことが頻繁にあり、ユーザー情報を第3者に手渡さないユーザー擁護が保障されておらず、米特務機関からの「機密のチェック要請」に関する規則をもっていないことが多いことがわかった。

    先の報道によると、英国政府はメッセンジャーに対してデーターを暗号化することを禁じ、また必要な場合はユーザーの個人的なやり取りに関するデーターの提出を義務付けた。

    タグ
    インターネット, Google, ツィッター
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント