17:04 2018年05月28日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    EBLM J0555-57Ab

    宇宙で一番小さな星が発見

    © 写真 : Cambridge’s Institute of Astronomy
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 21

    ケンブリッジ大学が天文学上知られている星の中で最も小さな星を見つけた。この星の大きさは惑星の土星よりわずか大きく、引力は地球上より300倍大きい。

    スプートニク日本

    この星は太陽から6百光年離れた「ちょうこくしつ」座の中にあり、名称はEBLM J0555-57Ab

    ケンブリッジ大学のアレクサンダー・ベッティンチャー氏は「この研究でどれほど小さな星が存在しうるかが分かった。この星は誕生したときは今より少し小さかった。核の中の水素の合成反応が止まれば、星の地殻は茶色味を帯びてくるだろう」と述べている。

    ダブルシステムを構成するこの星はもう片方のより大きく、明るい星に遮られた状態で発見された。この発見は雑誌「天文学&天文物理学」に発表されている

    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント