05:53 2017年07月28日
東京+ 23°C
モスクワ+ 23°C
    ハウスダストは肥満の原因? 米研究者が意外な発見

    ハウスダストは肥満の原因? 米研究者が意外な発見

    © Fotolia/ Andrey Kiselev
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 38850

    大量のハウスダストにより、太る傾向が促進される可能性がある。埃の粒子が脂肪細胞を増やすためだ。ロシアメディアが報じた。

    スプートニク日本

    論文は科学誌『Environmental Science & Technology』に掲載された。

    米ノースカロライナ州デューク大学のクリストファー・カソーティス氏らの研究チームによると、ハウスダストは肥満問題の主な「共犯者」の1つかもしれない。

    カソーティス氏によると近年、ヒトの体内の代謝に「組み込まれ」て、脂肪組織や消化器系、食欲中枢や脳の機能に影響を与え、過食と体重増加を強いる物質数千以上が発見された。

    チームは普通のハウスダストの粒子の化学組成を研究して、それら物質の1つを発見した!

    チームによると、このような物質を含む埃3ミリグラムは、体重の急増を開始するのに十分だと述べる。

    先の報道によると、経済協力開発機構(OECD)によると、肥満と診断された人が最も多い国は米国

    タグ
    研究, 科学, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント