00:10 2017年09月23日
東京+ 20°C
モスクワ+ 15°C
    「世界の終わり」まで生き残る動物【写真】

    「世界の終わり」まで生き残る動物【写真】

    © Fotolia/ Sdecoret
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1124050

    地球で最も打たれ強い生物であるクマムシは、太陽が水素を完全に枯渇させ、赤色巨星に変わって地球を飲み込む「地球の終わり」まで生き残る。論文は科学誌『ネイチャー』に掲載された。

    スプートニク日本

    英オックスフォード大学のアルベス・バティスタ教授は、「惑星防衛システムを作らないと、人類は極めて脆弱な動物種で居続ける。生息環境における僅かな変化でさえ私たちを滅ぼす可能性がある。クマムシは実質的にこのような脅威に対して脆弱性がない。他の惑星にもこれほど生命力の強い生物のサンプルがいるかもしれない」と述べた。

    2007年、ロシアのバイオ人工衛星「フォトンM3」が集めたデータを分析した結果、驚くべき発見がなされた。クマムシは宇宙空間でも長時間の生存が可能で、完全な無重量状態かつ食料や水の欠如において繁殖することすら可能だと明らかになったのだ。

    先の報道によると、米国のオレゴン州でウナギを積んだトラックが横転し、何台かの車を巻き込む交通事故を引き起こした上、道路が粘液の層で覆われた。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント