01:40 2017年09月21日
東京+ 22°C
モスクワ+ 14°C
    イーロン・マスク氏、人類への脅威とその結果を語る

    イーロン・マスク氏、人類への脅威とその結果を語る

    © AP Photo/ Ringo H.W. Chiu
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1346191

    スペースXやテスラの創設者イーロン・マスク氏は全米知事協会(NGA)でスピーチし、「人工知能は大きな脅威で、それに人類が文明として直面している」と述べた。『Fortune』誌が報じた。

    スプートニク日本

    マスク氏は、先進技術競争の中で開発者が、人工知能による危険性を忘れる可能性があると危惧している。

    「ロボットはフェイクニュースや偽のプレスリリースを出し、メールアカウントを偽造し、情報を操作して戦争を開始するかもしれない。ペンは剣よりも強し、だ。」

    マスク氏は超最先端の人工知能技術に触れている者からの言葉だと強調して、信用するように呼びかけた。

    マスク氏によると、この分野では競争の中にいる企業を抑制する国家規制が必要。

    マスク氏は以前も、人口知能普及や、地球の大きな問題による間もない人類の破滅を一度ならず警告している

    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント