06:36 2018年02月19日
東京+ 3°C
モスクワ-3°C
    ガン

    ごく普通のスパイスにガン細胞を殺す物質が発見

    © Fotolia/ Spectral-Design
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 360

    普通のウコンで脳のガン細胞を大量破壊させる分子の生成ができることが研究で明らかにされた。「ナノスケール」誌に発表された。

    スプートニク日本

    オーランド州中央フロリダ大学のタマーラ・ウェストモーレンド氏はクルクマ属の植物を細かくして作られた極一般のスパイス、ウコンに脳のガン細胞の成長を抑制し、同時に健康な細胞の大量死を招かない物質があることを発表

    研究者らはこの物質ががん細胞に到達し、細胞内に均一にいきわたるように水に溶かす実験を行った。その結果、ウコンから得られた物質がガン細胞の破壊速度を170%速め、わずか数時間でがん細胞のおよそ半分を殺し、腫瘍の成長を止めることが明らかにされた。

    ​先の報道によると、国際研究チームの新しい研究結果は、ヒトの腸に住む微生物「Streptococcus bovis」(ウシ連鎖球菌)が、がん進行の一因になる可能性があると示した。

    タグ
    ガン, 医学, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント