19:10 2017年12月17日
東京+ 5°C
モスクワ+ 6°C
    ほうれん草

    脳の若返りに効く食べ物が明らかに

    CC0 / Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 50

    ほうれん草とケールの組み合わせが体にいいというのは偶然の話ではない。緑の葉物野菜はルテインを豊富に含んでいる。このルテインは体内で酸化防止作用を発揮するが、体内組織内では作られないため、食物から摂取するしかない。他にルテインを豊富に含むのはアボガドと卵。イリノイ大学は摂取する食物の中にある一定の量のルテインを含んでいなければならないかについて明らかにした。科学ニュースサイトの「Eurek Alert」が報じた。

    スプートニク日本

    ルテインは頭部の脳の組織および目に蓄積される。25歳から45歳の60人の被験者に対してルテインの効果を調べる実験を行ったところ、中年でも体内組織のルテイン含有量が高い人は神経反応の観点からすると年齢の若い人と同じだった。このことからルテインは脳を加齢による変化から守る働きがあることがわかる。

    スウェーデンのリンショーピング大学はルテインには炎症を抑える大きな働きがあることを立証した。体内組織の炎症は虚血性心疾患と大きく関係することは知られているが、同大学は虚血性心疾患を病む193人を対象にした実験で炎症のインターロイキンー6のレベルを図った。

    血液中のルテイン、 カロテノイドの濃度を調べたところ、血液中のルテインの濃度が高いほど、インターロイキンー6のレベルは低いことがわかった。このほか免疫システムの細胞の炎症はルテインを投与した場合、炎症の活発度が下がった。このことからルテインは免疫システムの細胞に取り込まれ、その中に蓄積されたことがわかった。

    関連記事

    あたまの健康に効く料理が挙げられる

    お手軽に脳の老化を防ぐ方法が明らかに

    タグ
    健康, 食べ物, 食品, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント