21:37 2017年10月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 6°C
    ストレス

    多くの病気の原因が明らかにー学者

    © Fotolia/ Viacheslav Iakobchuk
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 78881

    米国の研究チームが、精神的なストレスの人体への影響についての長く広まっている見解を裏付けた。研究によると、人体の病気40%以上が精神的なストレスを感じた後に進行し始める。

    スプートニク日本

    神経系に影響し、神経系を過緊張に導く要因はすべて、体内のホルモンレベルの変化を促進する。これが多くの疾患が進行しやすい土壌を与えるのだ。

    人が悲しみを感じると、体内のホルモン、セロトニンのレベルが低下する。それを補うため、人々は大量の甘いものに走る。このストレスの結果は、余分な体重や膵臓の問題になる可能性がある。

    怒りの状態では、体内では心臓や血管系に影響を与える、アドレナリンやコルチゾール過剰が起きる。これらホルモンが過剰にある結果、血液が濃くなり、息切れと心拍数上昇が現れる。これらのホルモンの上昇は悔しさの状態にも見られる。悪感情が長く続く場合、胃腸管にも害が及ぶ。

    研究チームは感情的緊張をコントロールして、溜まった感情にはけ口を与えることを勧めている。

    健康関連のニュースはこちら

    関連

    脳の若返りに効く食べ物が明らかに

    免疫機能を高める食べ合わせが明らかに

    タグ
    養生, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント