00:37 2019年09月23日
ほうれん草

ほうれん草はアルツハイマー病のリスクを高める可能性がある!?

© Flickr/ Scott Robinson
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ほうれん草はアルツハイマー病のリスクを高める可能性がある。学者たちはこのように指摘している。一方、これは疾病素因を有する人にのみ関係している。

スプートニク日本

ほうれん草には鉄分が豊富に含まれているが、それが脳に悪影響を及ぼす恐れがあるという。

それは錆びと似ている。体内に高いレベルの鉄と高いレベルのアミロイドタンパク質が見つかった場合、その人の認識機能が急速に低下する可能性ははるかに高くなる。

なおデイリー・メール紙によると、高レベルのアミロイドタンパク質と低濃度の鉄が一緒になると、反対に病気のリスクは低下するという。

脳内の鉄のレベルを操作することで、病気の進行を遅らせたり、あるいは加速することが可能ということになる。

専門家たちは、鉄に関連する薬剤がアルツハイマー病の治療に役立つのかを近いうちにも確認する意向。また学者たちは、食事に含まれる鉄分のレベルが脳内の鉄の指標に影響するのか否かも調べる。なお、これら2つに結びつきはないかもしれない。

先に「スプートニク」は、学者たちがあたまの健康を保つのに最も効果的なの料理を発表したと報じた。

健康関連のニュースはこちら。

タグ
健康, 食べ物, 病気, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント