05:25 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 11°C
    金星

    露米 2025~30年に金星探査機打上げか【写真】

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    121430

    ロシアと米国が2025年以降に共同で惑星探査機「ベネラ(金星)D」を打ち上げる可能性がある。ロシアの宇宙関連産業をリードする「TSNIIMASH」社の広報部がロシアのマスコミに発表した。

    スプートニク日本

    「同様のタイプの探査機の開発には平均で8年から10年かかる。そのためこの金星探査機の打ち上げは2020年代後半に実現する可能性がある」と広報担当者は述べた。

    広報担当者はまた、現在のところ探査機は今後開発される重量級運搬ロケットを使ってボストーチヌイ宇宙基地から打ち上げられる計画だ、とも述べた。

    先の報道によると、ロシアの学者たちは、星のように輝く世界で一番明るい人工衛星「マヤーク」を打ち上げた。

    惑星探査機「ベネラ(金星)D」:

    タグ
    研究, 科学, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント