13:00 2018年09月20日
爆撃機「WB-57F」

米爆撃機が月と追いかけっこ【写真】

© AP Photo / Kent Gilbert
テック&サイエンス
短縮 URL
250

今年8月21日、NASAは改良された2機の爆撃機「WB-57F」を打ち上げる。同機は、日食中に月の影を追いかける予定。機体の先端には天文現象観測用カメラ付きの小型望遠鏡が複数個搭載される。ギズモードが報じた。

スプートニク日本

地球表面の固定点から見た日食は160秒続くが、飛行機により少し長い3分半の観測が可能になる。増えた時間がそれほど大きくないのは、月の影が時速4000キロほどで駆け抜けるため。

完全な日食により、NASAには太陽を取り巻くガスのようなコロナを含む、太陽の大気研究の希少な可能性が与えられる。研究者は、コロナの温度が太陽表面より数段高い理由を明らかにしたいという。

​これより前、米航空宇宙局(NASA)は、素晴らしい技術を持つ折り紙職人を探していると明らかになった。

タグ
研究, テクノ, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント