23:28 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 7°C
    人類の起源の定説が疑問視される

    人類の起源の定説が疑問視される

    © AFP 2017/ Cesar Manso
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1192550

    米ジョージ・ワシントン大学の学者たちは、気候変動は人類の進化の原動力ではなかったとの結論に達し、大勢の専門家らの考えに反論した。

    スプートニク日本

    ジョージ・ワシントン大学の学者たちによると、古代の人々は偶然出現した可能性があるという。学者たちの論文は、雑誌Paleobiologyに掲載された。サイトPhys.orgのプレスリリースで伝えられた。

    現代人が属するホモ属は、突発的な種分化が起こった250万年から280万年前に出現した。これは地球規模の気候変動のおかげで可能になったと考えられている。そして複数の生息地が消え去り、他の生息地が現れたことで、新種が誕生した。一方、米国の学者たちは、気候変動を含む様々な外部要因の影響抜きに地球における生命の進化の過程をシミュレーションした。

    結果、進化の過程では突発的な種分化が偶然起こり得ることが分かった。また、それらはその規模で人類の出現を引き起こしたものと同程度だという。

    学者たちによると、これはホモ属が気候変動の関与なしに出現した可能性を指摘している。

    学者たちは、今後の研究が、例えば大脳などの人間の特徴が形成された正確な要因を判断するのに役立つとの見方を示している。

    タグ
    歴史, 科学, 学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント