14:24 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    バナナ

    誰も食べない方がいい食品

    © Sputnik/ Sergey Subbotin
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 4353322

    もしあなたが、健康や完璧なプロポーションを持ち、健康的なライフスタイルを送りたいなら、まずは食習慣を変える必要がある。

    スプートニク日本

    専門家たちは、身体に害しか及ぼさない以下の6食品を食べないよう勧めている。

    バナナチップス

    バナナチップス
    © Fotolia/ Voltan
    バナナチップス
    バナナチップスの調理法は、原則的にポテトチップスのつくり方を借用したものだ。スライスしたバナナを油で揚げ、ガムシロップを加える。結果、バナナチップスの体への影響は、チーズバーガーやチョコレートバーと同程度となる。

    無脂肪食品

    無脂肪食品
    © Fotolia/ Viperagp
    無脂肪食品

    無脂肪食品は、ダイエットをしている人たちの間でとても人気がある。だが実はそれほどダイエット効果はない。メーカーは、技術的あるいは化学的方法を用いて食品から脂肪を取り除き、その代わりとして、カロリーと一緒に失われた味を補う風味増強剤やその他の添加物を使用している。また無脂肪食品に含まれている人工的な保存料やトランス脂肪酸は、コレステロール値が高くなる原因となる恐れもある。

    ミューズリー

    ミューズリー
    CC0 / Pixabay
    ミューズリー

    ミューズリーの問題は、風味を強めるためにメーカーが加える大量の砂糖と植物油にある。ミューズリー100gは、約400カロリー。このような食品が体にいいわけがない。

    加工肉

    加工肉
    © Sputnik/ Alexei Danichev
    加工肉

    これは自分の手作りではないすべての加工肉を指している。缶詰、ソーセージ、店で売られているハンバーグなど、あらゆる半製品のことだ。食事療法士たちは、このような食品の摂取を完全にやめるよう勧めている。なぜなら大量の塩、保存料、調味料、その他の「化学調味料」のほかに、血液中のコレステロール値を上げたり、肥満または心臓疾患の発症を引き起こす恐れのある有害な脂肪が含まれているからだ。

    マヨネーズ

    マヨネーズ
    © Fotolia/ Viktor
    マヨネーズ

    マヨネーズをつくるために必要なのは、植物油、卵、酢、スパイスのわずか4つの材料のみ。だが店で売られているマヨネーズのラベルは、サラダ用のソースというよりも化学の教科書に近い。さらに家庭でつくるマヨネーズはそのカロリーに問題があるとしたら、店で売られているマヨネーズのカロリーは、小さな問題の一つにすぎない

    マーガリン

    マーガリン
    CC0 / Pixabay
    マーガリン

    実際のところマーガリンは、水や乳化剤、そして主に遺伝子組み換え大豆から得られる植物性脂肪を基につくられる人工脂肪だ。さらにマーガリンには、すでにお伝えしたように、コレステロール値を上げ、心臓病のリスクを高めるトランス脂肪酸も含まれている。

    先に学者たちは、ランニングの効果について語った

    タグ
    食事, 健康, 食べ物, 食料, 食品, 食生活
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント