05:59 2019年04月24日
ウィスキー

ウィスキーのあの「スモーキー」な香りの秘密が明らかに

© Fotolia / Ruslan Mitin
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

スウェーデンの研究者は、ウィスキーの香りが加水によってのみ完全に開かれる理由を明らかにした。スプートニクが報じる。

スプートニク日本

複雑なウィスキー製造プロセスの最後の工程が、瓶詰め直前の加水だ。加水をしなければ、ウィスキーはその鮮やかな味と有名な「ピート香」(スモーク香)を獲得しない。

とはいえやはり、なぜ加水するのか?

スウェーデン南東カルマル市にあるリンネ大学のビョルン・カールソン氏が率いるチームは、ウィスキー内部から味分子を表面に「追い出」す。そして、味分子は表面にあるとき、舌にある味蕾と良く反応する。

研究結果は科学誌『Scientific Reports』に掲載された。

チームは、ウィスキーに含まれる水が多いほど、より多くのピート香成分の分子が表面に現れると明らかにした。これによって、ウィスキーがグラスや舌表面にあるとき、その味や香りが強まる。

先の報道によると、英エクセター大学の研究チームが、アルコールは記憶力を高めると証明した。

タグ
食事, 食べ物, 食料, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント