21:39 2018年07月18日
サイバー

米国防総省、グローバルIPアドレス80%のウィルスチェックを計画

© Flickr / Truthout.org
テック&サイエンス
短縮 URL
3010

スプートニクが入手した文書によると、米国防総省は研究開発部門である国防高等研究計画局(DARPA)のプログラムの一環で、グローバルIPアドレスのおよそ80%を、ウイルスに感染していないか確認する計画だ。

スプートニク日本

計画は、コンピューターのソフトウェアの脆弱性を利用するマルウェアの一種、エクスプロイトをネットに拡散させ、ウィルスに感染したコンピューターへのアクセス権を得てウィルスの検出・駆除を行うというもの。

情報セキュリティ専門家のタラス・タターリノフ氏はスプートニクのインタビューに対して「システムはウェブカメラやマイク、他のあらゆる機器へのアクセス権すら得る可能性がある。写真を取り、動画や音声を録音できるということだ。このようなソフトウェアの主な目的は、ファイル・システムへのアクセスだ。機器にGPS受信機が搭載されていれば、デバイスの持ち主の位置情報を特定できる。機器に銀行口座や支払いシステム、ビットコインのウォレット(財布、口座)の情報があれば、このソフトウェアを用いて情報を得ることが出来る」と述べた。

プログラムの開発は4年と見積もられている。

米国防総省が検出・駆除を計画するマルウェアの例として、身代金要求型ウィルス(ランサムウェア)のワナクライペーチャが挙げられている。

関連記事

謎のウイルス 数年で数百のコンピューターが感染

タグ
インターネット, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント