03:28 2019年07月19日
個人情報

数千人の米軍・情報機関職員の個人情報が流出

© Fotolia / Yauhenka
テック&サイエンス
短縮 URL
150

数千人の米軍・情報機関職員の個人情報が、情報保護システムの不具合によってネット上に流出した。米政治専門紙ザ・ヒルが報じた。

スプートニク日本

同紙によると、流出したのは軍関係者の住所、電話番号、メールアドレス、職務経歴書。人材紹介企業のために集めていたこれらの情報が、アクセス・ダウンロードが誰でも可能な状態でクラウドストレージにアップロードされていた。

情報保護システムの不具合は今年7月、米セキュリティ企業「Upguard」のクリック・ヴィッキー氏が発見した。

しかし、流出源特定に関しもつれが起き、自由にアクセス可能な状態からデータを取り除けたのは、8月になってからだった。

ヴィッキー氏は「私たちが唯一の発見者だと願います」と述べた。

先の報道によると、データ分析会社「Deep Root Analytics」が、米有権者1億9800万人の個人情報を誤って自由にアクセスできる状態にしていた。

タグ
ハッカー, インターネット, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント