00:11 2020年10月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

英自動車メーカーのジャガーは、音声で動作する人工知能を備えた初の自動車用ハンドル「セイヤー(Sayer)」を開発した。

スプートニク日本

「セイヤー」は、ステアリングホイール(ハンドル)を一般的な情報ネットワークに完全に統合するコンセプトの枠組みで、未来の自律型電気自動車用に開発された。なお技術的詳細は、明かにされていない。

「スマート」ハンドルは、デザイナーのマルコム・セイヤー氏にちなんで名づけられた。

「セイヤー」は、9月8日から10日にセントラル・セント・マーティンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで開かれるジャガー・ランドローバーの「Tech Fest 」で公開される。

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント