18:34 2021年01月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
155
でフォローする

光を怖がる「吸血鬼」にまつわる伝説はいわゆるポルフィリン症という先天的な疾患によるものという学説が発表された。ポルフィリン症の患者には皮膚が太陽光に対して非常に過敏という特性がある。

スプートニク日本

この新たな学説は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌に掲載された。

ポルフィリン症患者には様々な症状がみられる。一例としてはポルトフィリン症またはギュンター病など、 慢性的に光に対する過敏性がみとめられたり、皮膚がかぶれやすい、血液細胞が壊れやすいなどの症状がある。

ポルフィリン症はヘモグロビンの中で酸素を運ぶ部分の形成を担う遺伝子が破損した際に発症する。こうした細胞は太陽エネルギーをやすやすと飲み込んでしまうため、太陽光があまりに多く体内に入ると健康な細胞が破壊され、皮膚の損傷が始まってしまう。

関連のニュース

ジカウイルスは脳がん治療に有効?=学者説

チンパンジーに初めてアルツハイマー病の症状が見つかる

全身に腫れの男性 隠遁生活を余儀なくされる パキスタン【写真】

タグ
医学, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント