10:45 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-2°C
    農作業

    ロボットが播種から収穫まで 人手を殆ど介さず【動画】

    © Flickr/ Christian Schnettelker
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 73131

    英国のロボット農業プロジェクト「ハンズ・フリー・ヘクタール」の研究者らは、ロボットによる人手を直接借りない一連の農作業を1ヘクタールの試験畑で実施した。人間は畑や機器の状態を遠隔で監視し、時折ロボット作業に介入するだけだった。テクノロジーブログのEngadgetがタイムズ紙を引用して伝えた。

    スプートニク日本

    ハンズ・フリー・ヘクタール」プロジェクトの結果、畑作業をロボットに任せる完全自動化が実質的に可能であることがわかった。プロジェクトでは、広さ1ヘクタールの試験畑に無人のトラクターやコンバインを導入し、これらの機器が播種から散布、収穫に至るまで一連の農作業工程を担った。このほか試験状況を監視する目的で、土壌標本採取用の小型ローバーと、作物の成長を上方から観測するドローンが使用された。

    研究者らは、プロジェクトではいくつか困難な局面もあったと明かす。第一に、播種作業ではトラクターが定められた軌跡からしばしば外れ、違う方向に進んでいったこと。次に、プロジェクトの専門家たちが技術的な準備に多大な時間を要したこと。また、畑の遠隔監視は予想より遥かに難しかったという。

    ​とは言え、昨年10月に開始したこのプロジェクトは成功を収め、農作業の完全自動化は可能であるとの結果が得られた。

    ソフトバンクがつくる「仲良し」ロボットのPepper(ペッパー)は、当初から販売員から警察官まであらゆる職業をマスターするようにプログラミングされていたが、この度、Pepperに「僧侶」という新たな役割が加わった。

    タグ
    ロボット
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント