07:22 2018年06月20日
新しいクルーを乗せバイコヌールからISSに向け「ソユーズMC-16」打上げ

新しいクルーを乗せバイコヌールからISSに向け「ソユーズMS-06」打上げ

© 写真: Roscosmos/Fyodor Yurchikhin
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71

宇宙船「ソユーズМS-06」を乗せた運搬ロケット「ソユーズFG」が13日、バイコヌール基地から打上げられた。現地からスプートニク通信が伝えた。

スプートニク日本

第53次及び第54次クルーは、ロシアのアレクサンドル・ミスロキンさんと米国のマーク・ワンデ・ヘイさん、ジョセフ・アカバさんの3飛行士なっている。

宇宙船「ソユーズ」と国際宇宙ステーション(ISS)の接近は午前11時57分(日本時間)の予定。

宇宙飛行士が2018年1月に船外活動する予定となっている。

一方11日、もう1つの強力な太陽フレアが新たに確認された。太陽フレアのX線等級による強度は最も強い「X8.2」に分類されたが、ミスロキンさんによると、フレアはロケットの打ち上げをには影響しないとされていた。

タグ
宇宙飛行士, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント