18:56 2018年06月25日
サイエンス

最古代の複合生物が発見される【写真】

© Fotolia / Hoda Bogdan
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

英マンチェスター大学の学者らは、5億5500万年から5億4200万年前の最古代多細胞生物の化石を発見した。この生物は、幅が人間の髪と同じくらいで、海底に生息し土の中を波状に移動していたという。学術誌Nature Ecology&Evolutionに発表された研究論文の概要を、科学情報サイト「サイエンス・アラート」が伝えた。

スプートニク日本

生物の化石は、ブラジル西部のコルンバ市で発見された。多様な生物群が爆発的に出現したカンブリア紀よりも前のエディアカラ紀の生物だとされる。化石の厚みは50から600マイクロメートル。

研究者チームは、X線マイクロトモグラフィを使用した非破壊検査で発見物の内部構造を調べた。調査の結果、筋肉によって身体を曲げられる生物であること、そして左右相称動物であり、頭部、背部、尾部も有していたことが明らかになった。このような構造は、後に続いたカンブリア紀の生物に特徴的なものとされていた。

研究者らは、複合生物がこれよりも更に前の時代にも既に形成されていた可能性を指摘している。新たな発見によって、その誕生時期をより正確に特定できるようになる。

関連記事

古生物学者が解き明かした地球初の多細胞動物の誕生秘話

タグ
研究, 科学, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント